歴史と娯楽と日常の狭間で

自分がこれまでに蓄えた歴史の知識、楽しかった娯楽、日常の気づき等を淡々と綴るブログです♪

「歴史」の記事に関して、見つめ直してみた……(2週間も更新が滞った言い訳)

読者の皆様、2週間も更新が滞ってしまい、誠に申しわけございませんでした。実はこの2週間、ブログの方向性について悩んでおりました……。

 

なぜゆえにそのような悩みを持つに至ったか。以下、その顛末を記すと共に、今後の当ブログの方向性についても、併せて綴っていきたいと思います……。

続きを読む

范蠡(はんれい) その流水の如き、華麗なる生涯 Part 3 (完)

天才的知略で越王句践(こうせん)に復讐を成し遂げさせることに成功した范蠡。彼のその後の生涯は如何なる流れを見せるのか?

(前回までの流れ↓)

 

www.chijoji.com

www.chijoji.com

 

続きを読む

范蠡(はんれい) その流水の如き、華麗なる生涯 Part 2

范蠡は、奇策を用いて呉の大軍を撃破。越にその名を轟かせた。

そして以後、越王句践(こうせん)の軍師として、その辣腕を揮うこととなる……。

(詳しくは前回参照↓)

 

www.chijoji.com

 

続きを読む

范蠡(はんれい) その流水の如き、華麗なる生涯 Part 1

以前、炎の如き激情家・伍子胥の生涯を綴った…。

 

www.chijoji.com

 

 

www.chijoji.com

 

 

www.chijoji.com

 

だが同時代(詳しくは↓の記事参照)、彼の炎の如き生涯とは対照的な、流水の如き生涯を生きた人物がいた……。

続きを読む

客観的な男……それは神の視点を持つ者か、或いは他者と視点を共有出来ない臆病者?【派遣で出会った人々】

「客観性」……人が生きていく上で、とても大切な性質だ。人はこの性質を備えているがゆえに、自分を俯瞰し、そして自省出来る。

 

客観性を欠き、主観性のみを肥大化させた人間は、視野が狭くなり己の価値観のみを是とするため、決して己を省みない。……それでは己の欲求を満たすためのみに生きる野生動物となんら変わりが無い。

 

だが……。

続きを読む

伍子胥(ごししょ) 激情の炎に導かれし、波乱の生涯 Part 3(完)

苛烈極まる執念で復讐を果たした伍子胥。その炎の如き生涯は、最後の輝きを放ちながら、ますます燃え滾る!

 

伍子胥、復讐の軌跡↓

 

www.chijoji.com

 

 

www.chijoji.com

 

続きを読む

伍子胥(ごししょ) 激情の炎に導かれし、波乱の生涯 Part 2

随分間が空いてしまって、申しわけございませんでした。

伍子胥(ごししょ)の生涯について綴っていこうと思います……。

前回の記事はこちら↓

 

www.chijoji.com

続きを読む